最近は健康油がブームとなっていますが、その火付け役といえばオメガ3オイルの「えごま油」です。

一時は品切れになるほどで、その際に同じオメガ3の「アマニ(亜麻仁)油」も注目されるようになりました。

この同じオメガ3脂肪酸が多く含まれる「えごま油」と「アマニ油」には大きな違いがあるのでしょうか?

それぞれの特徴やその違いについて詳しく紹介します。

オメガ3オイルのえごま油とアマニ油の違いと特徴について

えごま油とは?

えごま油は「ごま」という名前からごま油の一種だと思うかもしれませんが全く関係はなく、しそ科の「えごま」という植物のから抽出された油で、シソに似た葉は韓国ではキムチなどにして食べるポピュラーな食材です。

しそ科の油なので昔は「しそ油」とも言われました。

アマニ(亜麻仁)油とは?

アマニ(亜麻仁)油亜麻(アマ)という中央アジア原産の植物を原料にしています。

亜麻は織物の「リネン」の原料で古代エジプトでも栽培され、エジプトのミイラは亜麻からとった繊維で作った布で巻かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

亜麻仁の」は「」という意味なので、亜麻のという植物の種子のことを亜麻仁(アマニ)と呼び、そこから抽出したオイルがアマニ(亜麻仁)油です。

このようにえごま油アマニ油は同じ科の植物ではなく、全く違う植物の種から抽出された油です。

どちらもαリノレン酸というオメガ3脂肪酸が多く含まれているためオメガ3オイルと言われています。

オメガ3オイルはこの他に

  • グリーンナッツオイル(別名サチャインチオイル、インカインチオイル)
  • チアシードオイル

オメガ6オメガ9オイルと比べると非常に種類が少ないです。

味やニオイの違いは?

オメガ3オイルはどれも味やニオイにクセがあります。

特にグリーンナッツオイルはニオイが草のようで、そのまま食べるのは無理という人の方が多いのではないでしょうか?

えごま油アマニ油はグリーンナッツオイルほどではないものの多少クセがあります。

また産地や製法によっても若干違いがあり、好みにもよるのでどちらの方がまずいと思うかは人それぞれです。

ちなみに私の場合はえごま油の方がましだと思います。

ただ味が苦手という場合は味の濃い料理やアイスクリームなどにかけて食べるとそれほどクセが感じません。

ではえごま油とアマニ油に栄養価の違いはあるのでしょうか?

えごま油とアマニ油の栄養成分の比較

食用油の90%以上は脂肪酸でできています。

オメガ3オイルなのでαリノレン酸が一番多く含まれていますが、その量の差や他の脂質の割合に違いはあるのでしょうか?

脂肪酸(脂質)の比較

えごま油 アマニ油
αリノレン酸
(オメガ3脂肪酸)
60% 56%
リノール酸
(オメガ6脂肪酸)
14.4% 18%
オレイン酸
(オメガ9脂肪酸)
14.3% 15%
その他 11.3% 11%

※産地や収穫時期などにより数値が変わります。

このように脂肪酸に関してはほとんど差がありません。

誤差の範囲と言ってよいでしょう。

ではそれ以外の微量成分についてはどうでしょうか?

ポリフェノールの違い

えごま油とアマニ油にはポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは何百種類、または何千種類もあると言われていますが、えごま油とアマニ油もそれぞれ違うポリフェノールが含まれています。

えごま油には

  • ロズマリン酸
  • ルテオリン

この2つのポリフェノールが含まれています。

これらの成分はローズマリーやシソ科の植物に多く含まれていて、強力な抗酸化力(=老化防止)があり肌を保護するロズマリン酸が含まれている化粧品もあるほどです。

その他病気の予防に関してもさまざまな研究が進められています。

一方、アマニ油にはリグナンというポリフェノールが含まれていて、こちらも多くの病気の予防が期待されています。

ただどちらも強力な抗酸化作用があり、それらが多くの効果や効能をもたらすので、どちらの成分が上とか下と判断するのは難しいです。

αリノレン酸やポリフェノールの効果効能に関しては

えごま油の効能がスゴイ!健康だけでなく美容やダイエットに良い理由と加熱がOKって本当?

アマニ油の効果効能がスゴイ!注目栄養成分のαリノレン酸や摂取量、食べ方(加熱)・選び方

をご覧ください

その他の成分はビタミンEがそれぞれの油に含まれています。

このように比較すると脂肪酸の構成はほぼ変わりませんし、ポリフェノールの種類には違いがあるものの同じ抗酸化成分なのでそれほど違いはありません。

食物繊維は含まれていない

アマニ油を紹介しているサイトを見ると「食物繊維」が豊富に含まれていると書かれている文章を見かけますが、実は全く含まれていません。

たしかに原料の亜麻仁には含まれているので、アマニパウダーであれば食物繊維が含まれています。

ですが、油を抽出する段階で食物繊維が無くなってしまいます。

同様にえごまパウダーの状態であれば食物繊維が含まれていますが、えごま油になると含まれていません。

これは食品成分表でもえごま油アマニ油の食物繊維の箇所は「0(ゼロ)」となってます。

それはサラダ油のように高温加熱するからじゃないの?低温圧搾(コールドプレス)製法であれば問題ないのでは?」と思うかもしれません。

ですが、ニップンのアマニ油は低温圧搾製法なのにもかかわらず

ニップンのサイトでは

紀元前から欧州では健康に役立つ食品として親しまれてきました。アマニにはα-リノレン酸が豊富な油 分の他、ポリフェノールの一種であるリグナン、食物せんいが含まれ近年その栄養価が世界的な注目を集めています。
※アマニ油にリグナン、食物せんいは含まれておりません。

と紹介しています。

ニップンのアマニ油は「低温圧搾法」だけでなく化学溶剤も一切使用していません。

この製法でも食物繊維、そしてリグナンも含まれていないのです。

となるとどのえごま油やアマニ油を購入してもαリノレン酸のしか効果が期待できないのでしょうか?

実はポリフェノールに関しては品質が良い商品であれば残ります。

購入する際のポイントを紹介します。

えごま油とアマニ油の正しい選び方

サラダ油は化学溶剤を使用して原材料を溶かし、その溶剤が加熱に弱いことから高温で処理することによって油が出来上がります。

ですが、溶剤で溶かしたり加熱する過程で栄養成分が失われ、トランス脂肪酸も発生してしまいます。

そのために良質の油を選ぶのであれば溶剤を使用していなくて、低温圧搾(コールドプレス)製法の油を選ぶのが基本です。

ただし、先ほど紹介したように「ニップンのアマニ油は化学溶剤を使用せず、低温圧搾製法で作られてたのに、食物繊維はもちろん、ポリフェノールのリグナンも含まれていません。」

他の食用油を見ても低温圧搾(コールドプレス)製法の油にはポリフェノールが含まれていると紹介されています。

では何が違うのかというと「精製されたもの」または「未精製のもの」の違いです。

「精製」とは脱臭や脱酸などの工程を経てニオイやリン脂質などのガム質、色素などの不純物を取り除くことです。

この際にポリフェノールなどの栄養成分も取り除かれてしまいます。

ということは精製された油の方が栄養価が低くなるのですが、なぜ精製するのかというと長期保存しても変質や酸化しにくいからです。(つまり長持ちする)

つまりαリノレン酸とポリフェノールの効果を期待したいのならば、化学溶剤を使用していなくて低温圧搾(コールドプレス)製法というだけでなく、「未精製」のものを選ぶ必要があります。

えごま油とアマニ油には

①化学溶剤を使用して高温で処理したもの(αリノレン酸のみ、トランス脂肪酸が含まれている可能性が高い

②溶剤を使用せず低温圧搾法(αリノレン酸のみ、トランス脂肪酸が含まれている可能性は低い)

➂未精製で溶剤不使用、低温圧搾製法(αリノレン酸やポリフェノール、ビタミンEが含まれている)

と別れています。

①の場合は安いです。

製法に関して何も書かれていないのですぐにわかります。

②はアピールポイントになるので低温圧搾製法(またはコールドプレス製法)とパッケージに書かれています。

➂未精製に関しても全部の商品を確認したわけではありませんが、これもアピールポイントなるのでパッケージに書かれているはずです。

えごま油とアマニ油のおすすめ商品

まずはえごま油のおすすめ品から紹介します。

オーサワのえごま油(生)

こちらは国産のえごまを使った油です。

一部の商品では「国産」と書いてあっても原料は外国産で国内で製造することで国産と表示している場合がありますが、「オーサワのえごま油」は原材料も製造も日本です。

そして製法は「玉締め圧搾法一番搾り」で、これは昔ながらの方法で絞られた油です。

低温圧搾に近い製法で、溶剤も使用せず高温による脱臭処理などもされない(=未精製)えごま油です。

オーサワのえごま油(生)140g

有機JAS低温圧搾無添加オーガニックエキストラバージンえごまオイル」です。

この商品の原材料は中国産ではありますが、有機JAS・USDA・EUの有機認証を得た黒えごまの種子を、低温圧搾でしぼりとった無精製、無添加のエクストラバージンオイルです。

2015年の日本食品機能分析研究所においてαリノレン酸が69.5%含有と他のえごま油よりも10%程度高い数値を示しています。

オーサワのえごま油よりも内容量が30gほど少ないですが価格は半分以下です。

高品質でできるだけ安いえごま油を購入したい方におすすめです。

有機JAS低温圧搾 無添加オーガニック エキストラバージンえごまオイル110g

➂「有機JAS認定 有機亜麻仁油

こちらも有機JAS認定の最高級亜麻仁油で高リグナン含有種子を使用しています。

リグナンが含まれているということは未精製です。

ニューサイエンス 有機JAS認定 有機亜麻仁油 370ml

④アリーガ ・ フラックスシードクッキングオイル

アマニ油やえごま油は加熱料理に不向きと言われていますが、この商品は加熱が可能と紹介している珍しいアマニ油です。

こちらもカナダ産ですが、低温圧搾(コールドプレス)製法で溶剤を使用せず未精製なので、栄養成分もしっかりと含まれています。

アリーガ ・ フラックスシードクッキングオイル

ただ実はアマニ油やえごま油は炒め物程度であれば加熱がOKということが実験によりわかっています。

詳しくは先ほども紹介した

えごま油の効能がスゴイ!健康だけでなく美容やダイエットに良い理由と加熱がOKって本当?

アマニ油の効果効能がスゴイ!注目栄養成分のαリノレン酸や摂取量、食べ方(加熱)・選び方

に詳しく書いています。

加熱をしてもαリノレン酸をほとんど損なうこともないので、生で食べるのが苦手という人は炒め物に使用しましょう。

まとめ

えごま油とアマニ油は全く別の植物ですが、脂肪酸の構成はほぼ同じですし、ポリフェノールも種類が違うもののどちらも健康効果が期待されていて、どちらが健康に良いというほどの差はありません。

ただし、オメガ3脂肪酸の一種であるαリノレン酸だけで良いのであれば、どの商品を選んでも良いのですがポリフェノールやビタミンEも含まれているものとなると

  • 化学溶剤を使用していない
  • 低温圧搾(コールドプレス)製法
  • 未精製

という3つの条件が必要となります。

また食物繊維に関しては含まれていると紹介しているサイトがありますが実は全く含まれていません。

  • αリノレン酸
  • ポリフェノール
  • 食物繊維

3つの成分を同時に摂取したい場合はえごまパウダーアマニパウダーなど油になる前の原料のものを食べることをおすすめします。

αリノレン酸が豊富に含まれている食品は少なく、逆にポリフェノールや食物繊維が豊富な食材はたくさんあるので、αリノレン酸が取れればよいという場合は、それほど品質にこだわらなくても大丈夫です。

ぜひ自分にあったオメガ3オイルを選びましょう。