香り高く「スパイスの王様」と言われるシナモン。

最近はシナモンの美容や健康効果が注目されていますね。

テレビ番組などでも毛細血管を上部にしたり、薄毛(抜け毛)などにも効果があると紹介されています。

人気も徐々に高まり、スーパーなどでも手軽に買えるシナモンですが、値段だけで商品を選らんでいませんか?

今回は良質なシナモンを選ぶ際のポイントを紹介します。

シナモンの正しい選び方!セイロン産と中国産の違いは?

日本でシナモンと呼ばれるものには主に

  • 「チャイナ・シナモン(別名カシア)」
  • 「セイロン・シナモン」

この2種類です。

セイロンシナモン

主にスリランカで栽培されているシナモンをセイロンシナモンと言います。

薄くなった樹皮を何枚も重ねて丸めたもので、とても柔らかいです。

さわやかで上品な香りが特徴です。

チャイナシナモン(カシア)

産地は中国(チャイナ)以外にもベトナムでも栽培されています。

セイロンシナモンはコルク層を除いて丸められていますが、カシアはコルク層を残したまま丸められています。

そのためにカシアはセイロンシナモンより厚く、かなり固いです。

カシアの特徴は濃厚な甘い香りと刺激のあるスパイシーな香りです。

同じシナモンなので、それほど大きな違いはありませんが、

  • 上品な香りが良い場合はセイロンシナモン
  • 濃厚の香りが良い場合はカシア(チャイナシナモン)

を選んでください。

セイロンシナモンとチャイナシナモン(カシア)の価格の違い

一般的にチャイナシナモン(カシア)の方が価格が安いです。

これはセイロンシナモンが樹皮のコルク層を取ってから、何枚か重ねて丸め、乾燥させるため手間がかかるためです。

加工食品のお菓子などで使用されるシナモンはほとんどが安いチャイナシナモンを使用しています。

またお店に置いてある商品を見るとセイロンシナモンの場合は「セイロンシナモン」とパッケージに書かれていますが、チャイナシナモン(カシア)はただ「シナモン」としか書いていない場合が多いです。

産地が書かれていなければ、ほぼ100%カシア(中国産かベトナム産)です。

「中国=品質が悪い」というイメージを避けるためかもしれませんね。

このように産地によって香りやクマリンの含有量、価格に違いがありますので、何を重視するかで商品を選びましょう。

セイロンシナモンとカシア(チャイナシナモン)のクマリンの量の違い

セイロンシナモンとカシアではそれほど栄養成分の含有量にそれほど差はないのですが、1点だけクマリンの量が全く違います。

このクマリンはポリフェノールの一種で

  • 血流の改善
  • 抗酸化作用
  • 抗菌作用

など多くの効果が期待できる成分ですが注意点があります。

それはクマリンを過剰摂取してしまうと肝障害が出る場合があるためです。

このクマリンはセイロンシナモンよりもカシアに多く含まれています。

東京都福祉保健局によればクマリンを考慮した場合の体重50キログラムの成人のシナモン1日許容量

  • セイロン・シナモンで364.6g
  • カシア(チャイナ・シナモン)で1.5g

と紹介しています。

かなり差がありますね。

ただし東京都福祉保健局では

通常の食事でスパイスや菓子として食べるシナモンの量では、クマリンの耐容一日摂取量を超えないと考えられるため、健康に影響は出ません。

ご注意いただきたいのは、シナモンサプリメントなどのいわゆる健康食品です。

摂取目安量を守っていれば問題はありませんが、過剰に摂取した場合、耐容一日摂取量を超えることがあります。

サプリメントでは特定の成分を多量に摂取することがありますので、商品に表示されている摂取目安量をきちんと守ることが大切です。

 

カシアは1.5g以上超えて摂ってはダメですが、これは小さじ約3杯分です。

結構な量であるので、これを毎日摂るというのはほとんどないと思います。

多くのサイトで「チャイナシナモン(カシア)はクマリンが多いから危険だ」と紹介していますが、肝機能が悪い人以外はそれほど気にする必要はないと言われています。

クマリンは先ほども紹介したように多くの効果が期待される成分です。

きちんと摂取量を守れば問題ないと東京都福祉保健局だけでなく東京都健康安全研究センター広域監視部でも紹介しています。

そしてカシア(チャイナシナモン)の濃厚な香りはクマリンの含有量が多いからです。

この香りに慣れている人はセイロンシナモンに変えると「あまり香りがしない」と感じるかもしれません。

そのためカシアが危険だからという理由でセイロンシナモンにする必要はなく、味や香り、価格で選ぶようにしましょう。

おすすめのシナモン

安くて容量の少ないシナモンはスーパーで購入できますので、ここでは品質の良い商品を紹介します。

①S&B ORGANIC SPICE 有機シナモンパウダー

セイロンシナモンと書いてはありませんが、こちらの商品はスリランカ産のセイロンシナモンです。

しかも有機(オーガニック)なので安心してお召し上がれます。

また有機といっても、どこの国が認証しているのかも重要です。

サイトで有機シナモンと書いてあっても実際に注文すると

  • ラベルに有機という文字が書かれていない
  • どこの国が認証されたものかわからない

という商品もあります。

このセイロンシナモンは有機JAS(日本農林規格)が認証しているので安心してお召し上がれます。

S&B ORGANIC SPICE 有機シナモンパウダー22g

②ラグナ・オーガニックセイロンシナモンパウダー

こちらも有機JAS認定のセイロンシナモンです。

容量が100gと多いので、容器を使い切った場合や、結構使用する人はこちらの商品をおすすめします。

ラグナ・オーガニックシナモンパウダー(100g)

③神戸スパイス シナモンパウダー カシア

こちらはカシアなのでチャイナシナモンです。

原産国はインド、ベトナムで有機栽培ではありません。

セイロンシナモンでは多くの有機商品があるものの、チャイナシナモン(カシア)はいろいろと探しましたが、現時点では見つかりませんでした。

容量が250gもあってお買い得価格なので、濃い香りのシナモンをできるだけ安く手に入れたいという人におすすめです。

神戸スパイス シナモンパウダー カシア 250g

④S&B ORGANIC SPICE 袋入り有機シナモンスティック 

パウダーばかり紹介していましたが、こちらはスティックタイプの有機JAS認定のセイロンシナモンです。

S&B ORGANIC SPICE 袋入り有機シナモンスティック 4本×5個

紅茶やコーヒーにシナモンスティックを添えてかき混ぜると、とても良い香りがするのでいつもと違う味わいが楽しめます。

料理ではシチューやカレーなどにスティックを隠し味で使用しましょう。

まとめ

スリランカ産のセイロンシナモンとチャイナシナモン(カシア)では

  • 香り:濃い香りがチャイナで上品な香りがセイロン
  • クマリン:チャイナが圧倒的に多い
  • 価格:セイロンシナモンの方が高い(手間がかかる)

といった違いがあります。

特にクマリンの量が多いチャイナシナモンは健康に悪いというイメージがありますが、クマリンは適量であれば健康・美容に効果が期待できる成分です。

専門の期間でも日常で使用する分には問題ないと言っているように、肝機能に問題が無く、過剰摂取しない人であれば香りが濃厚なチャイナシナモンはおすすめです。

実際にカフェでおいてあるシナモンやシナモンロールなどで使用されているシナモンもチャイナシナモンです。

ただチャイナシナモンは有機商品がほとんどないので「外国産は心配」という人はセイロンシナモンを購入しましょう。

おすすめ品⇒S&B ORGANIC SPICE 有機シナモンパウダー22g

以前はただの香りづけだけと思われていたシナモンですが、本当に多くの効果や効能が期待できることがわかってきました。

詳しくはシナモンの注目の栄養成分と効果効能!ニッキとの違いや毛細血管・薄毛・ダイエットに効く理由を紹介をご覧ください。

健康維持や美容のためにもぜひシナモンを毎日摂るようにしましょう!