賞味期限のことをついつい忘れてしまいがちな飲み物といえばビールではないでしょうか?

缶や瓶に入っているビールは結構長持ちするイメージがありますね。

それで気がつくと1か月過ぎていた、とか3か月、半年とかなり過ぎている場合も。

ではビールの賞味期限が過ぎていた場合、どれくらいまでなら飲んでも大丈夫なのか気になりますね。

今回は

  • ビールの賞味期限は何か月?
  • 賞味期限切れのビールはいつまで飲める?
  • 缶ビールと瓶ビール早くまずくなるのはどっち?
  • おいしくなくなってしまったビールの活用法

などビールの賞味期限について詳しく紹介します。

賞味期限切れのビールはいつまで飲める?缶と瓶ビールとの違いは?

まず賞味期限の正しい意味はおわかりですか?

※わからない方は詳しくは賞味期限と消費期限の違い!期限がない食べ物や期限切れの食べ物はいつまで平気・・・で確認してくださいね。

一般的な食品の賞味期限は簡単に説明すると「おいしく食べられる期間」です。

そして消費期限は「安全に食べられる期間」なります。(基本は5日間以内の食べ物です)

ビール賞味期限ですので、

「期限が切れた場合は飲むことはできますが、おいしさの保証はないですよ。」という意味になります。

では「ビールがおいしくなくなる」とはどういうことでしょうか?

まず期限が過ぎるにつれて

  • だんだんと炭酸が抜けて泡立ちも悪くなる
  • 気の抜けた炭酸のようになり、当然味も落ちる
  • ビールの色も濁(にご)った感じになる

ではどれくらい賞味期限が切れても飲めるのでしょうか?

基本的にビールの賞味期限は瓶でも缶でも9か月くらいと言われています。

ですが賞味期限が切れたら、すぐにまずくなるのかというとそうではありません。

ビール以外でも賞味期限がついている食べ物は実際の期間(おいしく食べられる期間)よりも余裕を持って少し短く設定します。

例えば実際に100日間おいしく食べられるとしても、安全性を高くするために70日に設定したりします。

メーカーによって基準が違いますが、私が以前勤めていた食品会社では実際の期間の7割で設定していました。

となるとビールも直射日光の当たらない冷暗所できちんと保管してれば、実際には9か月よりももう少し長くおいしく飲めていたはずなので、多少の期限が過ぎてもおいしく飲めることができます。

賞味期限が切れてもある程度おいしく飲める期間は?

その期間ですが、賞味期限が切れてから

  • 缶ビールであれば6か月以内
  • 瓶ビールであれば3か月以内

であれば賞味期限内のビールとあまり味は変わりはありません。(保存状態や季節によっても多少変わります)

瓶の方が長持ちしておいしさも維持されていると思ったのですが、缶の方がより多く炭酸ガスを充てんできるので瓶より長持ちすると言われています。

もちろん賞味期限内でも製造日からより近いうちに飲んだ方がおいしいです。

期限が過ぎるにつれてどんどんマズくなってしまい、1年や2年過ぎると酸味が強くなり飲むことはおすすめできません。

味や泡立ちがそれ程気にならないという方はそのまま飲んでいただいて構いませんが、その場合は少しでもおいしく飲めるようにギンギンに冷やして飲むようにしましょう。

そして「飲むのはちょっと・・・。」という方はいくつかビールの活用法がありますので紹介します。

捨てるのはもったいない賞味期限切れのビール活用法

① そうじに使用する

ビールに含まれるアルコールや酵素などの成分が油や汚れを分解し、溶かして落としてくれます。

キッチンや調理家電の油汚れ、フローリングの掃除にも最適です。

② 料理に使用する

肉にビールをつけておくだけで、肉にコクが生まれ、柔らかくなります。

ビールに含まれるホップとアルコールが肉を柔らかくします。

ビーフシチューや煮込み料理などに使用するとコクや風味が増しますし、すき焼きの割り下で使用すると日本酒の代わりにもなります。

さらに天ぷらの衣を作る時に水の代わりに使用すると、きめが細かくカラっと揚げることができます。

③ 植物にあげる

ビールの酸が菌類や害虫を殺してくれて、発酵した糖分が草の栄養になり、またリンやカリウムが豊富に含まれているので、肥料の代わりにもなります。

ただしその際はビールをかける量は少なくして直接葉にかけたりはしない方が良いです。

葉にやる場合はかなり薄めてかけて、根にやる場合もまず水をかけてからビールを少量かけるようにしてください。

④ナメクジ駆除に使用する?

ナメクジというと「」をイメージする人が多いですが、ビールでも駆除ができます。

それはナメクジがビールに含まれたビール酵母や麦芽の香りを好むためです。

ビールの入った容器を置いておくだけで、そのニオイにつられ集まってくるので簡単に駆除できます。

容器が浅いと逃げる可能性があるので

  • 豆腐が入ったプラスチックの容器
  • イチゴが入ったプラスチックの容器
  • ジャムの瓶
  • ペットボトルを深めにカットする

など深めの容器にビールを入れてナメクジをワナにかけましょう。

まとめ

賞味期限は「おいしく食べることができる期間」なので、賞味期限が過ぎても数か月くらいであれば普通に飲むことは可能です。

ただ期限が過ぎれば過ぎるほど泡立ちが悪くなるので、かなり味が落ちますし、1年過ぎると酸味が強く感じて、かなりマズく感じるかもしれません。

そのため賞味期限が切れたビールは

  • 缶ビールであれば6か月以内
  • 瓶ビールであれば3か月以内

には飲み切るようにしましょう。

それ以上過ぎたビールは

  • 掃除や料理に使う
  • 植物にあげる
  • ナメクジ駆除

など有効に使いましょう。

飲めないからといって捨てないようにしてくださいね。