最近、びわの葉から抽出した「びわ茶」の人気が急上昇中です!

  • ガンの予防
  • 生活習慣病の予防
  • メタボリック症候群の予防
  • 美白・美肌

などに効果があると期待されているのですが、びわの葉にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

今回は

  • びわの葉の不思議な力
  • びわ茶の効果や効能
  • 最近取り上げられた「びわの種」の危険性
  • びわ茶の作り方や美容法

などびわ茶の魅力を詳しく紹介します。

びわ茶おすすめ№1「ねじめびわ茶」の公式サイトはこちら

びわの葉の不思議な力について

びわはもともとインドや中国が原産で「百薬の樹」と呼ばれ、「万病をいやす力がある」とされていました。

また、古来より豊富な健康成分から漢方や民間療法でも使用されてきました。

インドの古い教典には、びわの樹は「大薬王樹」であると書かれています。

薬効のある植物はたくさんありますが、びわの樹は最も薬効のある樹

どの部分にも効果があり、どんな病気も治してしまうと、お釈迦様が教えています。

日本でも奈良時代から救済施設でびわの葉療法がおこなわれていて「一家に一本のびわの木があれば医者いらず」と言われていたほどです。

昔からお寺ではびわの樹を植え、病人が出た時にはその葉で治療していました。

葉を火にあぶって患部をなでる方法は多くのお寺でもあったと言われています。

「これって医学が発達する昔の話でしょう?現代の薬と比べたら大したことがないのでは?」と思うかもしれませんが、現在もびわの葉を使用した自然療法で病気の治療をしている人がいます。

実際にこのようなびわの葉の健康法について下記の本も出版されています。

この本の中身の説明では

ビワの葉療法は冷えや便秘、腰痛などふだん多い症状によく効くだけでなく、
ガンや糖尿病、高血圧、肝臓病、腎臓病、リウマチその他の難病など、
現代医学が手こずる難しい病気にも偉効を示します。
とくに玄米自然食など他の自然療法と併用すると、その効果がさらに高まります。

本書では、ビワの葉療法の進め方と効果を高める工夫やコツ、
ビワの葉療法に併用すると効果的な他の自然療法のやり方を詳しく解説しました。

と書かれています。

実際に私の知り合いでもびわの葉を体に当てて治療をして腫瘍が小さくなった知り合いもいます。

もちろん、びわの葉だけの効果だけではないと思いますし、必ず治るとは言えませんが、病院で治療をしてもなかなか回復しない人はびわの葉の自然療法を摂り入れてみるのもひとつだと思います。

この本にはただびわの葉を貼るだけでなく、「身体に良いものも取り入れましょう」とも書いてありますので、身体の外と中から良いものを摂り入れることで、さらに効果が期待されます。

身体に良いものといえば「肉や魚、野菜をバランスよく食べたり、今人気のスーパーフードを食べる」などありますが、おすすめは多くの効果や効能が期待されているびわの葉から抽出したびわ茶を飲むことです。

肌にあてて効果があるのならば体に摂り入れても効果が期待できまし、実際に飲んで効果を感じている人も多いですし、私もその一人です。

ではびわ茶には他のお茶とは違いどのような栄養成分が含まれているのでしょうか?

びわ茶に含まれている注目の栄養成分とその効果や効能について

重合ポリフェノール

ポリフェノールは光合成によってできる植物の色素や苦味、渋みの成分となる化合物の総称で、ほとんどの植物の葉や茎に含まれています。

その種類は数百から数千種類以上あるとも言われています。

緑茶のポリフェノールの種類では「カテキン」が有名ですね。

びわの葉は「重合ポリフェノール」と言われ、加工段階でカテキンサポニンなどのポリフェノールがそれぞれ結合(=重合)することによりできるところから名付けれています。

数種類のポリフェノールが私たちに多くの効果や効能をもたらしていると考えられているのですが、まだ研究の途中でびわの葉にはまだ発見されていない新種のポリフェノールが含まれているのでは?」とも言われています。

ではそのポリフェノールにはどのような効果や効能が期待できるのでしょうか?

重合ポリフェノールの健康効果や効能

ポリフェノールといえば強い抗酸化作用が挙げられます。

人の体内にある活性酸素はある一定以上に増えると細胞や血管の老化を促進したり、DNAなどの遺伝子を攻撃します。

そして毛細血管が老化すると血液の流れが悪くなり動脈硬化なりやすく、悪化すると死に至る可能性のある大病にかかりやすくなります。

活性酸素が過剰に増えるのは

  • ストレス
  • 加齢
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 飲酒(アルコール過剰摂取)
  • 不規則な生活(寝不足・暴飲暴食)
  • 運動不足

これらが原因と言われています。

ただし加齢やストレスなど避けることができない原因もあり、年齢をつみ重ねるとどうしても一定以上に増えてしまう傾向にあります。

そこでおすすめなのがポリフェノールなどの抗酸化成分を摂ることです。

びわ茶に含まれるポリフェノールが

  • 活性酸素の増加を抑える
  • 細胞や血管の老化を抑える

という働きにより、多くの病気の予防が期待されています。

実際に鹿児島大学でもびわ茶の研究が進んでおり、「ねじめびわ茶」という製品で特許を取得しています。

「特許取得」

「ビワ葉抽出物を含有する飲料品および医薬品」(特許 第4974116号)

  • ガン細胞増殖抑制剤
  • ガン細胞アポトーシス誘導剤

※アポトーシス:ガン細胞の自滅の一種で腫瘍の成長を未然に防ぐ。
※現在研究中の段階なので医薬品ではありません。

つまりガンの細胞が増えるのを抑える働きと成長を防ぐ(=予防)働きについて特許がおりたということです。

お茶は抗酸化成分が含まれているのでガンの予防に効果があると期待されていたものの、実際にガンに効果があると特許を取ったお茶は今までありませんでした。

特許の申請の資料によるとガンに効果があると言われているのはアミグダリンではなく、ポリフェノールやメガスチグマン配糖体などによるものであると報告しています。

そしてねじめびわ茶はガンの特許だけではありません。

現在他の病気や症状についての特許を出願中です。

特許出願中

  • 抗腫瘍作用
  • 肝機能改善作用
  • リパーゼ阻害作用
  • α‐グルコシダーゼ阻害作用
  • 抗酸化作用

リパーゼは脂肪を分解する働きがある酵素、 α-グルコシターゼは糖の吸収や消化を助ける働きがある酵素で、これらを阻害することで食品中の脂質や糖質(炭水化物)の吸収を抑制したり遅らせたりします。

食事で摂った脂肪は小腸から吸収されますが、通常は吸収される際に消化酵素(リパーゼ)によって分解されます。

ねじめびわ茶にはこの消化酵素(リパーゼ)の働きをブロックすることで脂肪吸収を抑えます。

つまり「ダイエットメタボ対策に効果てきめんなわけです!」

現在動物(マウスやラット)実験では

  • 抗高脂血症作用(血中のコレステロールやトリグリセリドを低下させるこ と)

※トリグリセリドは中性脂肪のこと

  • 高血圧抑制作用
  • 活性酸素種産生作用
    (ガン細胞中に活性酸素種を産生し、ガン細胞を死滅させること)
  • 高血糖降下作用
  • 抗酸化作用(体内の活性酸素を取り除くことを)

これらに対して効果があるとして特許を申請中でまだ取得はしていません。

ですが実際に実験で効果が出たから申請しているので動物実験とはいえ、これらの作用も期待したいところです。

特許を取得した「ねじめびわ茶」を飲んで“健康維持”公式サイトはこちら

関連記事:健康茶おすすめNo1は「ねじめびわ茶」!特許取得のスゴイお茶って本当?継続して飲んでみました

美容効果

活性酸素が一定以上に増えると病気にかかりやすくなるだけではなく、肌の老化も加速し、シミやしわ、そばかす、たるみなどが増えたり、大きくなります。

ですがこれもポリフェノールを摂取することで活性酸素の増加を抑えることができるので、肌の老化の予防だけでなく、改善も期待されています。

豊富なミネラル

びわ茶にはカルシウムマグネシウムカリウム、などミネラル分が豊富に含まれています。

種類 働き
カルシウム(Ca) 歯や骨の材料となる
精神を安定させる
マグネシウム(Mg) カルシウムの量を調節する
筋肉の収縮を促す
酵素の働きをサポート
カリウム(K) 余分なナトリウムを排出、
高血圧予防むくみを予防する
鉄(Fe) 赤血球の材料となる。貧血予防
酸素を身体のあらゆる細胞へ運ぶ
亜鉛(Zn) 酵素の働きをサポート。傷の治り
を早くする。味覚を正常に保つ
代謝の促進

多くの日本人はミネラル不足と言われています。

ミネラルは5大栄養素のひとつで、人体にある栄養成分の中でたった4%しか占めていないのですが、人間の生命維持機能に
おいては非常に重要な役割を担っています。

タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミンの4栄養素は生命維持機能である「消化・吸収・代謝・排泄」をつかさどるエンジンとしての役割を果たしますが、このエンジンはガソリン(つまりミネラル)がないと機能しません。

つまり、タンパク質やビタミンをしっかりとってもミネラルが不足していると効果を発揮することができないのです。

びわ茶であれば手軽にミネラルが摂れるので不足分を補いましょう。

その他にびわ茶には疲労回復効果のあるクエン酸や抗菌作用があるサポニンなどが含まれています。

びわ茶の成分「アミグダリン」はガンに効果があるの?それとも危険な成分?

平成29年12月8日に農林水産省が「びわの種子の粉末は食べないようにしましょう。」と呼びかけています。

ビワなどの種子(たね)や未熟な果実には、天然の有害物質が含まれています。本年度、ビワの種子を粉末にした食品から、天然の有害物質が高い濃度で検出され、製品が回収される事案が複数ありました。ビワの種子が健康に良いという噂(うわさ)を信用して、有害物質を高濃度に含む食品を多量に摂取すると、健康を害する場合があります。
一方、熟した果肉は、安全に食べることができます。

農林水産省ホームページより

この有害物質というのはアミグダリンプルナシンという成分です。

以前アミグダリンは体内で分解されると「ガン細胞を攻撃する」といわれたり、ビタミン17と呼ばれていた時期もありました。

ですが米国国立ガン研究所(NCI)によると、

「アミグダリンはガンへの治療や改善、延命などに対して効果が無く、反対に青酸中毒を起こし死に至る恐れがある」と指摘しています。

ビタミンB17として扱っていた事も過去の話で現在では否定されています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)ではアミグダリンの健康食品やサプリメントの販売は禁止されています。

このような理由から

アミグダリンにはガンへの効果がないだけでなく、危険性が高い成分

というのが今の常識になっています。

ですが、いまだに「びわ茶に含まれているアミグダリンという成分がガンに効果があります」と紹介しているサイトがありますが、これは間違いです。

さらに一部のびわ茶の販売サイトでもアミグダリンの効果について書いてあるところもありました。

このようなびわ茶は購入しないことをおすすめします。

びわ茶の作り方や化粧水について

なかなかビワの葉は私が住んでいる神奈川県では見ることがないですが、以前遊びに行った鹿児島県では自然のびわの木を結構目にすることができました。

また、アマゾンや楽天などでも販売しているので、ぜひ一度手作りに挑戦してみてください。

びわの木は常緑樹なので一年中葉っぱを取ることができるのもうれしいですね。

【作り方】

①ビワの葉は裏の毛がとれるまでタワシで洗う!

②ビワの葉を幅2-3センチくらいに刻む。

➂ザルに入れたりして乾燥させる

③刻んだビワの葉をヤカンに入れて、よく煎じて湯の色が褐色になれば出来上がり。(弱火で15~20分程度)

目安としてビワの葉12枚程度に水2リットル。

びわの葉茶の美容法

びわの葉茶は化粧水や洗顔にもなります。

びわの葉化粧水の作り方

①びわの葉茶を濃く煎じる。

②びわの葉茶を木綿の布でこして瓶に入れ冷蔵庫で保存しておきます。

びわの葉化粧水は、抗菌力があり、切り傷、虫刺され、吹き出物アトピー性皮膚炎にもよく効くと言われています。

赤ちゃんのあせもや、おむつかぶれにもよく効きます。

頑固な水虫も熱めのびわの葉茶に毎日20分くらいつけていると効果がありますよ。

びわ茶の味は?

このように「カラダに良いお茶」というのはわかったと思いますが、実際の味が気になりますよね。

いくら健康に良くても苦手な味だと続かないという人も多いです。

実際に杜仲茶は健康に良いお茶ですが、あまりおいしく感じないので途中で飲むのを止めてしまう可能性が高くなります。

私も今でこそウーロン茶の味はおいしいと思うようになりましたが、初めて飲んだ時は「おいしくないな~」と感じました。

では「びわ茶」はどうでしょうか?

私は「ねじめびわ茶」しか飲んだことがないのですが、クセがなく、本当にとても飲みやすいお茶です。

しかもほんのりと甘味も感じるので小さなお子さんでもおいしく飲むことができます。

また、びわ茶はノンカフェインなので何杯飲んでも、夜寝る前に飲んでも大丈夫です。

健康に良くて、しかも飲みやすいお茶となればすぐに試してみたいと思いませんか?

特許を取得した「ねじめびわ茶」を飲んで“健康維持”公式サイトはこちら

関連記事:健康茶おすすめNo1は「ねじめびわ茶」!特許取得のスゴイお茶って本当?継続して飲んでみました

まとめ

びわの葉には昔からいろいろな病気を治すという不思議な力があり、現代でも「びわの葉療法」を実践して効果が出ている人がいます。

その不思議な力があるびわの葉から抽出されたびわ茶には数種類のポリフェノールが結合された重合ポリフェノールにより、

  • 健康維持
  • 美容
  • ダイエット

など多くの効果や効能が期待されています。

そしてそれだけではなく、鹿児島大学などが「ねじめびわ茶」によるガン細胞の増加の抑制に関する特許も取得しています。

また日本人の多くが不足ぎみのミネラルも多く含まれています。

ミネラルは体内では全栄養素の4%しか占めていませんが、人間の生命維持機能においては非常に重要な役割を担っています。

びわ茶は近年研究が進んで多くの効果や効能が期待されていますが、薬ではないので即効性は期待できません

食品ですので長く飲み続けることで多くの病気の予防効果が期待できます。

私は今とても健康なのですが、今後の病気の予防のために飲んでいます。

ぜひびわ茶を飲んで健康的に美しくなりませんか?

こちらで実際にねじめびわ茶を飲んだ感想や特徴について紹介しています。

ねじめびわ茶は一番おすすめなので、ぜひ一度飲んでみてください。

びわ茶おすすめ№1「ねじめびわ茶」の公式サイトはこちら

関連記事:健康茶おすすめNo1は「ねじめびわ茶」!特許取得のスゴイお茶って本当?継続して飲んでみました